コンセプト

従来のタオルは、精練漂白・糊抜き・染色仕上げといった工程には、界面活性剤・蛍光漂白剤などの、化学薬品が多く使用されていますが、商品の安全性や環境問題が話題となっている今、肌に直接ふれるタオルにおいても、素材品質においてももちろんのこと、商品が安全であり、かつトータルの環境負荷低減に配慮したものが求められています。

"安心で安全で気持ちいい"
テーマにじっくりと手間暇かけた加工をほどこし、環境負荷のかかりにくいタオルに仕上げました。

タオル産地、大阪の泉州でタオルを作り続ける熟練の職人さんたちが心を込めて織り上げました。
(企画→織→仕上げ→縫製→検品・箱入れ→出荷 全てにおいて日本製です。)

・生地は吸水性、耐久性に優れる天然繊維コットン100%なので安心。

・タオルのパイル糸は通常の糸の約2倍の細さの糸(40/1)を選んでいますので柔らかな風合い
 (糸切れ等が起きやすい繊細な糸のため、熟練の職人の技が光る素材です。)
 さらにロングパイルにすることにより優れた吸水性も両立しています。
・タオルケットのパイル糸は(20/1)なのでふんわり柔らかな風合い。

「エコマーク」は環境保全に役立つと認められる商品につけられるマークで、
財団法人日本環境協会の登録商標です。

2012年1月13日に
「あんしんコットン」タオルシリーズが、
日本アトピ-協会より推薦商品に認定されました。